このホームページは、慶應義塾大学カメラクラブ(KCC)のOB・OGを中心に組織された「三田写真会」(慶應連合三田会登録団体)の情報ページです。当会の活動報告、写真関係で活躍中の会員の写真展、現役諸君の活動・写真展等についてご紹介しております。  
なお、当会は学生時代にKCCに所属していなくても、写真やカメラに興味のある塾員で入会ご希望の方は、事務局までご連絡下さい。

住所、メールアドレスなどの変更は、お手数ですが事務局までご連絡願います。

 

三田写真会について

 

ニュース

 

フォトギャラリー

 

リンク

 

お問合せ


最新ニュース

2019年3月30日


■■ 「長野重一先輩を追悼」 ■■


長野重一さんは本年1月30日にお亡くなりになりましたが、中村恵一さん(昭和34年卒)より長野さんとの思い出を綴った寄稿がありましたので、掲載いたします。
写真は長野さんから指導を受けていたKCC部員(昭和32年頃)

2019年3月13日


■■ 「先輩、長野重一さんを悼む」 ■■


長野重一さんは本年1月30日にお亡くなりになりましたが、倉内宏勝さん(昭和35年卒)より長野さんとの思い出を綴った寄稿がありましたので、掲載いたします。

2019年3月7日


■■ 祭り撮影会参加者募集について ■■

 

三田写真会では過去に定期的に祭り撮影会を実施してまいりましたが、本年は「神田祭」での撮影会を行います。
神田祭は、千代田区の神田明神で行われる祭礼で「神田明神祭」とも呼ばれ、山王祭、三社祭と並んで江戸三大祭の一つで、いろいろな場面での撮影チャンスが多くあります。

本年の祭りの日程は、次の通りですが、11日および12日を撮影日とします。
5月10日(金)夕刻 氏子町会神輿神霊入れ
5月11日(土)終日 神幸祭(神田、日本橋、大手・丸の内、秋葉原巡行)
5月12日(日)終日 神輿宮入

詳細については事務局あてお問合せください。なお、参加申込みの締切は 3月31日です。

2019年3月3日


■■ 桜とモデル撮影会&お花見会 ■■

 

春恒例となりました「多満自慢 石川酒造」での桜とモデル撮影会&お花見会を4月13日(土)に開催いたします。
詳細は事務局あてお問合せください。

2019年3月3日

 

■■ 三田写真会春期総会ほか予告 ■■

 

本年の春期総会は、5月25日(土)18時より開催の予定です。
また、本年は「写真の早慶戦」開催年となりますが、総会のご案内とともに、5月上旬に詳細についてお知らせいたします。

2019年2月9日


■■ 【訃報】長野重一さん(昭和22年卒) ■■


長野重一さんが、1月30日にお亡くなりになりました。
カメラクラブ70周年記念誌、90周年記念誌などでは、長野さんの写真やインタビュー記事を掲載させていただきました。

 

昭和22年経済学部卒業。卒後「週刊サンニュース」、24年「岩波写真文庫」を経て、29年にフリーとなり、独自のフォトルポルタージュ分野で活躍。東京を対象とした作品も多く撮影している。35年以降は映画カメラマンとしても活躍し、記録映画『1964年東京オリンピック』などに参加した。平成5年紫綬褒章受章。

2019年2月8日


■■ 「この国の記憶」写真展開催について ■■


長野重一さん(昭和22年卒)の写真展が開催されます。


◇ 日 時 2019年2月5日(火)~3月5日(火)
◇ 会 場 キヤノンギャラリー品川
東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー
開館時間 10時~17時30分 日・祝日 休館

2019年1月1日


■■ 2019.1.1 謹賀新年 ■■

 

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年は、異常気象や自然災害が相次ぎ大変な年となりましたが、今年は元号も変わり新たな船出となります。
さて本年は「第14回写真の早慶戦」開催年で、三田写真会が写真展幹事当番となります。前回は引き分けに終わりましたが、今回はまたひと頑張りして勝利を目指したいと思いますので皆様の力作をお待ち申し上げます。
テーマ部門のテーマは“平成の想い出”に決まりましたので、三田写真会ホームページでご確認ください。また応募要領については、5月上旬にご案内の予定です。

 

三田写真会 会長
櫛田 眞司

2019年1月1日(再掲)

 

■■ 14回写真の早慶戦のテーマ部門のテーマについて ■■

 

次回の第14回写真の早慶戦は、2019年10月の開催を予定しております。次回は三田写真会が幹事を務めます。開催要項などはほぼ前回と同様に実施することを考えておりますが、テーマ部門のテーマについては稲門側との合意に基づき、統一テーマで募集することになりました。開催のほぼ一年前ではございますが、稲門側との協議が終了し、テーマを決定いたしましたのでお知らせ申し上げます。会員の皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます。

なお、応募要領など詳細につきましては、2019年4月頃ご案内する予定です。

 

テーマ部門 テーマ “平成の想い出”

 

解説文

平成31年春、今上陛下がご退位される。激動の昭和から30年続いた平成が終了するこのときに、平成とはどのような時代であったか、を写真にとどめることをテーマと致したい。

たとえば平成になってから急速に変化した社会現象といえるスマホの普及に代表されるデジタル化、嫌煙権などの健康志向、高度老齢化社会の到来などを被写体としてとりだしてみることなどが挙げられる。

また、平成31年の春に元号がかわる瞬間を我々は経験することになるが、これから平成最終日の間に起こりうる様々な社会現象を捉えることもできるだろう。

そのような撮影意図をもって、平成の時代を見つめ直してみたい。


過去のニュース